婦人

コンシーラーを使うだけでシミが目立たなくなる

  1. ホーム
  2. 部分用のファンデ

部分用のファンデ

鏡を見る人

簡単にカバーできる

コンシーラーは、ファンデーションでは隠し切れない肌のくすみなどを隠すために使う部分用ファンデーションです。あると便利なアイテムですが、使い方を間違うと逆に隠したい部分が目立ってしまうので注意が必要です。まず、普段使っているファンデーションによって、コンシーラーを使う順番が違います。リキッドファンデーションを使っている場合は、まずリキッドファンデーションを塗ります。その上からコンシーラーを塗り、フィニッシュパウダーで仕上げます。パウダーや固形タイプのファンデーションを使っている場合は、最初にコンシーラーを塗ります。その上からパウダーや固形ファンデーションをいつも通り塗って仕上げます。コンシーラーを塗った部分を強くこすると剥がれてしまうので、優しい乗せるようにするのがポイントです。コンシーラーでは様な部分をカバーできます。目の下にできやすいクマも、コンシーラーでカバーすることが可能です。ただし、目の下は皮膚が薄く、厚塗りするとよれやすいので、指先で薄く塗るのがポイントです。また、クリームタイプのコンシーラーなら、目の下のデリケートな皮膚への負担が減ります。ニキビ跡やシミをカバーする場合は、固形タイプのコンシーラーがお勧めです。筆先にとって手の甲で馴染ませてから、ニキビ跡やシミよりも少し広めにつけていきます。ニキビ跡やシミをカバーする場合は、自分の肌色よりもちょっと濃い色のコンシーラーを選ぶと良いです。