レディ

コンシーラーを使うだけでシミが目立たなくなる

どんな悩みもカバーします

鏡を見る人

タイプと色をチェック

コンシーラーは、メイクでカバーしきれない肌の悩み(シミ・ソバカス・ニキビ・クマ)をきれいにカバーするアイテムです。また、唇の輪郭を整えたり、小鼻に影を入れたりとベースメイクの調整にも使えます。色々な種類が出ているため自分に合ったものを見つけるのが大切になってきます。良いのが見つかればよりお肌をきれいに見せることができるのです。タイプは主に3つに分かれています。まずは比較的硬くて細めのペンシルタイプです。油分が少なくピンポイントで塗るのに向いており、小さいシミに使うのがお勧めです。シミやニキビをしっかりカバーしたいならスティックタイプです。固い質感で密着して肌に厚みができます。広範囲に塗りたい場合はクリームのコンシーラーを選びましょう。油分が多めでテクスチャーが柔らかく、全体的に伸びがいいです。目の下のクマや面積が広いシミに役に立つといえるでしょう。ハイライトとしても利用可能です。コンシーラーの色の選び方ですが、基本的には悩んでいる部分の色と反対の色を塗るとうまくカバーできます。例えば、クマにも茶色と青色があります。茶色はイエロー系かベージュ系を塗るとダークな色を目立ちにくくすることができます。青色の場合はオレンジ系を使用すると肌に馴染んできれいにカバーできます。シミやそばかすに使うなら、自分の肌より暗めの色のコンシーラーにしましょう。明るいと浮いてしまって逆効果となってしまいます。ファンデーションとも比較しながら暗めの色を塗ってみましょう。赤いニキビや赤いニキビ跡に悩んでいるのならグリーン系を、赤みが少ない場合はイエロー系やベージュ系にしましょう。自分の肌と同じか少し明るい色を選ぶことでうまくカバーできます。

鏡を見る人

部分用のファンデ

部分用ファンデーションのコンシーラーがあれば、目の下のクマやニキビ跡やシミやくすみなどを簡単にカバーできます。しかし、適当に使うと肌を傷めたり、カバーした部分が逆に目立ったりすることがあるので注意が必要です。

化粧

正しい使用法を把握する

コンシーラーはクマやニキビ跡などの肌の悩みを隠すのにとても便利です。様々な色があり、色によって隠すのに向いているものが変わってきます。コンシーラーは正しい順番で使うことで、その効果は飛躍的に上がります。なるべく厚塗りをしないように気を付けましょう。